眠気覚まし カフェイン 量

眠気覚ましにカフェインは効く?

昼食後にすぐに眠くなる人は、眠気覚ましにコーヒーや紅茶を飲む人もいるようです。コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれているので、眠気覚ましの効果が期待されます。レストランに行くと、ランチにコーヒーや紅茶がセットされているのは、もしかしたら眠気覚ましの効果を期待しているのかもしれませんね。

 

コーヒーや紅茶をカップ1杯分飲んだくらいでは眠気覚ましの効き目がないからといって、昼食後に2杯も3杯も飲む人もいるようです。眠気覚ましの効果を期待するなら、コーヒー1杯飲む程度では摂取するカフェインの量が少ないようです。しかし、コーヒーを1杯飲むことで、摂取するカフェインの量は少ないですが、気分をリラックスさせる効果が期待されるので、集中力が出る人もいるようです。

 

適量はどのくらい?

眠気覚ましにコーヒーや紅茶を飲んでカフェインを摂取する場合、1日に摂取する量の目安はどの程度なのでしょうか。人それぞれカフェインの耐性には格差が生じており、1日にコーヒーを1杯飲んで眠気が覚める人もいれば、1〜2杯飲んだ程度では、眠気が覚めない人もいるようです。

 

1日のカフェインの摂取量の目安は、成人で100〜300mgとされています。ドリップコーヒー1杯に含まれるカフェインの量は約100mgですから、1日に3杯コーヒーを飲む程度ならとくに問題ありません。注意しなければならないのは、半日で500mg以上のカフェインを摂取すると、体内でカフェインが分解されにくくなり、健康に支障をきたす可能性もありますので、ほどほどにしましょう。

スポンサーリンク

 

眠気覚ましにカフェインは効く?適量はどのくらい?関連ページ

眠気の原因
このページでは眠気が襲ってくるメカニズムについてご紹介します。眠気と脳の関係性や、眠気の原因であるプロスタグランジンD2と呼ばれる物質など、睡魔の原因について掲載。
血糖値との関係
睡魔と血糖値の関係性について詳しくご紹介します。血糖リが上昇すると睡魔が襲ってくる理由や、眠気と糖尿病の関係についてなど。
交感神経・副交感神経との関係
交換神経と副交感神経がどのように眠気と関係しているのかについて詳しくお伝えします。交感神経が優位になる時間帯や、副交感神経の働きが活発になる原因など。