授業中寝ない方法 眠気覚まし 居眠り 対策

授業中の居眠り対策

授業中についウトウトして眠くなる、そんな経験をお持ちの方も多いと思います。朝の1時間目は眠いですが、2時間目、3時間目と時間が経過するとだんだん目が覚めてきます。しかし、昼食を食べた後にまた眠気がさしてウトウトすることもあると思います。授業中の居眠りを防ぐために、何か良い方法はあるのでしょうか。

 

もっとも、学生にとっては勉強には眠気がつきものなのかもしれません。そこで、授業中に簡単にできる眠気覚ましの方法についてご紹介したいと思います。

 

授業中寝ない方法

とくに道具を使わずにできる方法としては、自分の手や顔をつねって痛みで目を覚ます方法があります。

 

窓際の席に座っていると、ぽかぽか陽気で授業中についうとうとすることもあるので、授業が始まる前に冷たい飲み物を飲んで体を少し冷やしておくと良いかもしれません。

 

眠気覚ましのツボ

授業中に寝ない方法として、ツボ療法があります。
親指と人差し指のまたの間、骨の少し手前の一にある合谷(ごうこく)というツボを手指で軽く刺激します。
(関連ページ:眠気覚ましのツボ

 

また、耳の上から真ん中、耳たぶを軽く引っ張ると、自然に目が覚めてきます。耳を軽く引っ張ることで、耳周辺の血流が良くなり、眠気が覚めるとともに目の疲れもとれます。このように、いろいろな眠気覚ましの対策がありますので、試してはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

授業中寝ない方法!眠気覚ましで居眠り対策関連ページ

朝の眠気覚まし
朝の眠気覚ましにはバナナと牛乳がおすすめです。牛乳に含まれえるトリプトファンやおすすめの朝食など眠気対策をご紹介します。
運転中の睡魔対策
このページでは車の運転中の眠気覚まし対策について詳しくご紹介します。ドライブ中の睡魔対策を掲載。