車 運転中 眠気覚まし 方法 睡魔 対策

運転中の眠気覚まし対策

学校の授業中に眠気がさしても、とくに人に迷惑をかけることはありませんが、車の運転中に睡魔が襲ってきてウトウトしていると、重大な事故を引き起こす可能性もあるので十分に注意しなければなりません。

 

車の運転中にほんの少しでも睡魔に襲われたり、記憶が消えるようなことがあれば、脳神経が疲れている証拠です。車の運転中に頻繁にまばたきをする、あくびがよく出る、頭が重いといった症状があれば要注意です。疲れているのに、無理をして運転を続けていると重大な事故を引き起こす可能性もあるので、まずは休憩をとりましょう。

 

車の運転中の睡魔対策

車の運転中に眠気を覚ます対策として、近くのパーキングエリアを探して、しばらく車を止めて5分でも10分でも良いので、仮眠をとることです。仮眠をとる前に、コーヒーや紅茶などカフェインが含まれた飲み物を摂取すると、目が覚めます。近くにコンビニやコーヒーショップがあれば、中で休憩すると良いでしょう。
(関連ページ:仮眠のコツ

 

パーキングエリアで車を止めたら、ミントガムやハッカ入りのキャンディーなどを口に入れて眠気覚ましをする方法もあります。車の運転中に日差しが差し込むと、ついうとうとするので、途中で車を止めたらアイスクリームや炭酸飲料など、冷たい食べ物や飲み物を摂取するのも良い方法ですね。

スポンサーリンク

 

車の運転中の眠気覚まし方法!睡魔対策関連ページ

朝の眠気覚まし
朝の眠気覚ましにはバナナと牛乳がおすすめです。牛乳に含まれえるトリプトファンやおすすめの朝食など眠気対策をご紹介します。
授業中の居眠り対策
このページでは授業中寝ない方法についてお伝えします。学校の授業中の睡魔を撃退する眠気覚まし方法を掲載。