睡眠時間 理想 年齢別

睡眠時間の重要性について

昔から「寝る子は育つ」とよく言われているように、子供の健康な発育・成長、そして成人の健康維持には、睡眠時間を十分に確保する必要があります。睡眠をとることによって、熟睡している間に成長ホルモンが分泌されるようになり、脳神経と体の疲れやストレスを修復させることができます。

 

睡眠中には、成長ホルモンの他にもメラトニンと呼ばれるホルモンが分泌されています。メラトニンは、心地良い眠りを誘うホルモンであり、副交感神経を優位にさせて血圧を安定させる働きや呼吸を安定される作用があるとされています。

 

年齢別の理想的な睡眠時間

1日に必要とされる睡眠時間の目安は、年齢によっても格差が生じており、「寝る子は育つ」の言葉通り、赤ちゃんや幼児はとくに睡眠時間を多くとる必要があります。生後1〜2か月の新生児は、1日あたりの睡眠時間の目安は10時間から18時間と言われており、1日の半分以上の時間を寝て過ごしています。

 

生後3か月〜1年未満の乳児は1日に10〜13時間で、新生児と乳児は、ずっと寝ているのではなく、昼寝をすることもあります。1〜3歳までの幼児期は1日に12〜14時間の睡眠が理想的とされています。4〜6歳は1日に10〜13時間、6歳〜12歳は10〜11時間の睡眠が理想的です。

 

13〜18歳になると睡眠時間が少しずつ減少して8.5〜9.5時間、成人・高齢者は7〜9時間となっています。子供の心身の発育・成長は、規則正しい生活習慣と食事、そして睡眠が欠かせません。平日は夜ふかしをして休日に寝だめをする人もいますが、睡眠時間が多ければ良いのではなく、規則正しい生活習慣を心がけることが、心身の成長と健康維持に良いとされています。

スポンサーリンク

 

年齢別の理想的な睡眠時間とは?関連ページ

血糖値との関係
このページでは血糖値と眠気の関係についてについてご紹介します。甘いものを食べ過ぎると眠気が襲ってくるメカニズムなど。
睡眠の質を高める方法
このページでは眠気予防のための睡眠ついて詳しくお伝えします。睡眠の質の重要性や、睡眠の質を高める方法など。