睡眠 質 向上 高める 方法

眠気予防には睡眠の質が大事!

「毎日睡眠時間を十分に確保しているはずなのに朝の目覚めがすっきりしない」「昼食後にウトウトして眠気がさして集中力が出なくなる」そのような悩みを抱えている人は、睡眠の質を向上させるように工夫してはいかがでしょうか。

 

毎日睡眠を十分にとっていれば眠気が来ることもなく、毎日リラックスして過ごせると思うかもしれませんが、睡眠時間を十分に確保することはもちろん、睡眠の質を高めることが肝心です。

 

質の高い睡眠とは?

「毎朝、目覚めた時にスッキリ感があり、ストレスや疲労、体の疲れを感じない」
「朝起きてから4〜5時間後まで眠気が来ることもなくリラックスして過ごせる」
「寝床についてから夜中に目覚めることもなく、朝までぐっすり眠れる」
こんな人は、質の高い睡眠が十分にとれていると考えて良いでしょう。

 

反対に次のような人は、睡眠時間は十分に確保できていても、質の低い睡眠をとっていると考えられます。
「夜中に何度も目が覚めてしまい、朝がスッキリと目覚められない」
「昼食後にうとうとして集中力が出ない」

 

睡眠の質を高める方法

睡眠の質を高める方法として、毎日規則正しい生活習慣を心がけて、夕方5時以降には仮眠をしないことです。食事も夜寝る2時間前には済ませて、パソコンやスマホ、ゲームなどを極力しないことです。パソコンやスマホ、ゲームをしていると、脳神経が刺激されてしまい、精神的に興奮するので不眠の原因となります。

 

熱めの温度のお風呂が好きな人は、38度〜40度のお湯に入浴する習慣をつけましょう。お湯の温度が熱いと、副交感神経よりも交感神経が優位になり、不眠の原因になります。睡眠の質を高めるには、夜は交感神経よりも副交感神経が優位になるように、眠りを誘うような心地良い音楽を聴いたり、入浴後に軽いストレッチをして体をほぐすなど、脳神経と体をリラックスさせるように心がけましょう。

スポンサーリンク

 

睡眠の質を向上して眠気予防!睡眠の質を高める方法関連ページ

血糖値との関係
このページでは血糖値と眠気の関係についてについてご紹介します。甘いものを食べ過ぎると眠気が襲ってくるメカニズムなど。
理想的な睡眠時間
理想的な睡眠時間についての情報ページです。睡眠時間の重要性や年齢別の理想的な睡眠時間、成長ホルモンやメラトニンについてなど。