眠気覚まし シャワー 温度

眠気覚ましに最適なシャワーの温度とは?

眠気を覚ましたい時には、普段使っているシャワーの温度にも、ちょっとした気配りが必要になります。お風呂やシャワーの温度の設定の仕方によっては、眠気に誘われることもあれば、眠気が覚めることもあるからです。

 

夜寝る前のお風呂のお湯の温度は38〜40°程度の少しぬるめの温度に設定すると良いとされていますが、眠気覚ましには42〜43°程度のやや熱めの温度が良いとされています。このくらい熱い温度だと、副交感神経よりも交感神経を刺激するので、体がお湯の熱さを感じるようになると、心身に緊張感をもたらし自然に眠気が覚めるようになります。

 

42〜43°のお湯に長く入るとのぼせてしまうこともありますが、シャワーを浴びる分には体をほどよく刺激するので大丈夫です。この温度でシャワーを浴びる時は、2分程度の時間で十分です。最後の仕上げに、冷たい水を足元に軽くかけておくと、パッチリと目が覚めます。

 

シャワーの温度を42〜43°に設定すると、仕事や運動による疲れが取れて、気分がスッキリします。お風呂の入り方やシャワーの使い方や温度の設定によっても、眠気覚ましになることもあれば、自然な眠りを誘うこともあるということを知っておくと良いですね。

スポンサーリンク

 

眠気覚ましに最適なシャワーの温度とは?関連ページ

目を覚ます呼吸法
このページは眠気覚ましに効く呼吸法についての情報を掲載しています。深呼吸が効果や呼吸が浅いと眠くなる理由などについてお伝えします。
効果的な洗顔方法
このページでは眠気覚ましにおすすめの洗顔方法についてご紹介します。ドライブ中などに使える洗顔シートの効果についても掲載。
睡魔を防止するツボ
このページでは睡魔を防止する手や耳のツボについて詳しくご紹介します。(せいめい)、合谷(ごうこく)のツボの押し方や耳マッサージのやり方など。
効果的な音楽
このページでは眠気覚ましに効果的な音楽についてお伝えします。勉強やドライブにおすすめのBGMなどもご紹介します。
手軽にできるストレッチ
朝の眠気覚ましにストレッチが効果的です。このページではオフィスでもできる簡単なストレッチ体操のやり方を詳しくお伝えします。
おすすめのアロマオイル
このページは眠気を解消するアロマオイルについての情報を掲載しています。ペパーミントや柑橘系などの眠気覚まし効果があるアロマオイルや、自作アロマスプレーの作り方など。
起きやすい仮眠時間
眠気覚ましをするときの仮眠のコツについて詳しくお伝えします。仮眠の際の注意点や起きやすい仮眠時間などを掲載。