眠気覚まし 仮眠 時間

眠気覚ましの仮眠のコツ

1日の中で睡眠をとる時間帯は、夜から翌朝までで、わたしたちは毎日決まった時間に床について翌朝は決まった時間に起きて日常生活を過ごしています。日中は起きて夜は寝るものというライフスタイルになっているのが当たり前で、昼間に眠くなったら仮眠をとる人は意外にも少ないようです。

 

毎日、睡眠時間を十分に確保していても、昼間眠くなった時には、眠気覚ましに仮眠をとると良いでしょう。ただし、仮眠をとるといっても、昼過ぎから夕方まで寝るようでは、寝過ぎで夜が眠れなくなることもありますので、適度に仮眠をとるように心がけましょう

 

起きやすい仮眠時間など

眠気を覚ますために仮眠をとるには、眠りの質と仮眠をとる時間に重要ポイントがあります。睡眠には浅い睡眠と深い睡眠の2種類がありますが、夜から翌朝にかけて寝る時は、深い睡眠をとる必要があります。

 

日中に仮眠をとる時は、あくまでも仮の眠りですから、深い眠りにはならないことが重要ポイントになります。仮眠をとる時間は、5分〜10分程度にとどめておくのがベストです。お昼過ぎに1時間以上も寝ると、それは仮眠ではなく、昼寝です。

 

バスや電車で通勤・通学をしている人は、移動時間に仮眠をとることもできます。ただし、バスや電車の中でうとうとと眠ってしまい、乗り過ごしがないように要注意ですね。

スポンサーリンク

 

眠気覚ましの仮眠のコツ!起きやすい仮眠時間など関連ページ

目を覚ます呼吸法
このページは眠気覚ましに効く呼吸法についての情報を掲載しています。深呼吸が効果や呼吸が浅いと眠くなる理由などについてお伝えします。
効果的な洗顔方法
このページでは眠気覚ましにおすすめの洗顔方法についてご紹介します。ドライブ中などに使える洗顔シートの効果についても掲載。
最適なシャワーの温度
眠気覚ましに最適なシャワーの温度について詳しくご紹介します。またサッと眠気を覚ましたいときのシャワーを浴びる時間なども掲載。
睡魔を防止するツボ
このページでは睡魔を防止する手や耳のツボについて詳しくご紹介します。(せいめい)、合谷(ごうこく)のツボの押し方や耳マッサージのやり方など。
効果的な音楽
このページでは眠気覚ましに効果的な音楽についてお伝えします。勉強やドライブにおすすめのBGMなどもご紹介します。
手軽にできるストレッチ
朝の眠気覚ましにストレッチが効果的です。このページではオフィスでもできる簡単なストレッチ体操のやり方を詳しくお伝えします。
おすすめのアロマオイル
このページは眠気を解消するアロマオイルについての情報を掲載しています。ペパーミントや柑橘系などの眠気覚まし効果があるアロマオイルや、自作アロマスプレーの作り方など。